その特徴を理解しておこう

マンション

これから不動産投資を考える場合には、一棟のマンションを所有していることは大きな武器になります。ただ、場所によってはそれほど価値が上がらないようなこともありますので、事前によくその価値を把握しておくことが大事になるでしょう。投資として考える場合には、売却する場合と貸し出す場合があります。そもそも、売却する場合と貸し出す場合どちらがよいのでしょうか。売却するメリットの一つは、まとまった資金が一度に手に入ることです。特に一棟のマンションを所有しているならば、1億円以上のお金が手に入ることも少なくないでしょう。このように考えれば、一度にたくさんのお金を手に入れたいならば貸し出すよりも売却した方がより有利になります。また、管理費用などを支払う必要がない点も売るメリットと言えます。貸し出しをしている場合には、管理費用がかかり続けますので赤字になってしまうことも考えられるでしょう。特に、価値が下がる見込みがあるマンションは早めに売却したほうがお得です。

売却する時の費用はどうか

間取り

一棟のマンションを売却する場合には、お金が入ってくることを考えている人がほとんどですが、その反面売却する場合にはお金がかかることも理解しておかなければいけません。お金がかからない場合があるとすれば、不動産会社を仲介しない場合です。例えば、自分の友達の中でマンションを一棟購入したいと考えている人がいれば、直接二人だけで契約をしても法律上何ら問題はありません。このように、お金がかからないというメリットがあるにもかかわらず、直接二人だけで契約する例が少ないのは、いくつかの理由があります。一つは、そう簡単に購入をしてくれる人が周りにいないことです。もう一つは、契約書やさまざまな書類を記入しなければいけないため面倒だからです。そこで、仲介業者を利用してマンションを売却することになるでしょう。この場合支払うべき費用は、仲介業者に支払う仲介手数料になります。仲介手数料は、大まかに考えるとマンションの価値の3パーセント程度です。もし、その物件が1億円で売却できたとすれば、そのうちの3パーセントの300万円と消費税を支払うことになります。このように考えると、金額が高くなればなるほどうれしい半面その分手数料として支払う金額も大きくなります。後は、自分で登記をしない限りは司法書士に登記を依頼することになるでしょう。この場合も50万円以上かかりますので頭に入れておくことが大事です。

広告募集中