HOME>ホットトピックス>個人投資家だけではなく投資会社も相手としてはよい

仲介の契約にもいろいろな種類がある

マンション

投資用の所有していた一棟のマンションを売却したいという場合、出来るだけ高値で処分することが出来る様に売り急がずに慎重に売却したほうが良いでしょう。一棟マンションを売却したい場合の、不動産業者との契約の種類には一般媒介契約の他に専属専任媒介契約や専任媒介契約などがあります。

専属専任であれば真剣に相手探しをする

男女

信頼できそうなパートナーとなる不動産業者を見つけることができたのであれば、専属専任媒介契約を締結して売却相手を探してもらったほうが、短期間で良い相手が見つかることが多いです。特に一棟マンションの売却となると買い手となる人が限られてくるので、一般媒介契約ではかなり相手を見つけるのに時間が掛かってしまうことがあります。

契約書の内容を精査することが大切

一棟マンション売却をする場合には、契約書の内容をしっかりと詰めておくことが、後々にトラブルを避けるためには重要となるでしょう。契約書作成に慣れていない投資家の人は、信頼できる不動産業者に相談をしてみると良いです。

投資会社に売却すると早いケースもある

自己所有の一棟マンションの管理が大変になって売却を検討しているという場合、個人投資家に売却する場合と、投資会社などに売却する場合があります。一般投資家を探すとなるとかなり資金が潤沢な相手を探すことが必要となるので、相手を見つけるまでにはかなりの時間を要することになります。投資会社などは、一棟マンションなどを積極的に買取しているところも多いので、相談してみるとすぐに成約することもあるでしょう。

広告募集中